フットサルの起源と概要

フットサルとは、簡単に言うと5人制の「ミニサッカー」と言えばわかってもらえるのではないでしょうか。

「フットサル(futsal)」とは、サッカーを表すスペイン語の「futbol」と室内を表すポルトガル語の「sala」から作られた造語です。

ヨーロッパや南米の各国でおこなわれていたミニサッカーのルールと技名称を、1994年にFIFA(国際サッカー連盟)が統一したのが、その名の始まりです。

本来は室内でおこなうスポーツですが、現在日本では体育館や屋外の人工芝でおこなわれております。

サッカーの約1/4程度のコートを使用して、1チーム5人で試合を行うのを基本とし、ルールについてもサッカーとは多少異なり性別・年齢に関係なく、ジュニアから中高年、また女性でも気軽に参加でき、安心して楽しめる競技として多く親しまれています。

イメージとしてはミニサッカーですが、動きも似てますし、バスケの足版に近い感じがします。

現在の全国のフットサル人口は100万人とも言われており、民間フットサルコートの普及やメディアなどへの露出も増え、今後も増加を続けると思われます。

筆者の近所でもフットサル場があり、若い男性から主婦まで、幅広い年齢層のプレイヤーが見受けられます。